CS4の新機能を見ていたら


Photoshop CS4 Extended で 3Dモデルを読み込んで、直接ペイントできるとか書いてあるし…

「Photoshop CS4 Extendedは一般的な3Dフォーマットを幅広くサポートしているので、OBJ、U3D、KMZ、Colladaの各形式の読み込みと書き出し、および3DS形式の読み込みが行えます。」

ということは、Papervision用のデータをここで修正して吐き出す、なんてことが普通に出来る訳ですかね?書き出し対応してるところを見ると大丈夫なんだろうけど。アニメ付きのデータはどうなるんだ?

なんだか3Dレンダリングエンジンが入ってるし、予想外だわこれ。またAdobe税だわこれ。レンダラは分離するのが定石なのに、いまさら感もあると言えばあるのだけれど…OpenGLで表示系を書き直した都合でいろいろ出来ちゃった、みたいな流れなのかもしれませんな。

でも、Photoshpに入れずに単独のアプリにしたほうが軽くて良かったのではと。バージョン上がる度にどんどんヘヴィになると、実務に皺が寄ってしまうのですよね。
単純なお絵かきなら「Sai」の方が軽くて使いやすいもんなあ…

コメントを残す