Posts in Category:

Lightwaveから書き出したColladaのスケール

まいど。
ニッチな情報を情報社会の狭間目掛けて垂れ流すよ(というか自分メモ)

Lightwaveから例の方法によってColladaファイルを出力すると、なんだか小さ過ぎますよね。試しにLightwave上で1メートル角のキューブを作って置いてみるとこんな具合。

Lightwaveで1メートル角のオブジェクトをPV3Dで表示すると(1) – wonderfl build flash online

はいはい。何も見えないね。でも画面の中央に点があるよ!
つまり、Pv3Dの1 = Lightwaveの1メートルらしい。ちっさ!

毎度スケールかけるのが面倒なので、なんか設定を探してみたら、このへんに「unit」タグが単位についてなんやらしてる記述が。但し変えても効果なし。
オブジェクトのサイズをColladaファイル自身でスケールさせるなら、Colladaファイルをテキストエディタで開けて、「library_visual_scenes」の中の「scale」を変えるといいらしい。

Lightwaveで1メートル角のオブジェクトをPV3Dで表示すると(2) – wonderfl build flash online

おっきくなった!
オブジェクトが入れ子になってて、本体じゃなくラッパーの方がスケールされてるっぽいですね。
なんか気色悪いけど、まあいいか。

増殖

秋葉原のまんだらけに増殖中。

お値段ひゃく ごまん えん!!

アキバの民は特に興味が無い様子。
当局が写真を撮ってたら、通行中のアキバBOYSが

「ねえねえあれ何の人形?」

「なんだっけ、イエローマジックなんとか?」

…マジカイヤ。

ホンモノだってさ!

福田興業先生、情報ありがとうございます!

Papervisionでのテクスチャの扱い

Pv3dのオブジェクト内にあるマテリアルを更新する場合、オブジェクトから辿っていくよりも、あらかじめマテリアルを外部参照しておく方が便利。

//あらかじめ定義しておく
public var frontBD:BitmapData;

public function init():void{
  frontBD = new BitmapData(gridWidth,gridHeight,true,_defaultColor);
  frontBD.draw(bitmapAsset);
  var ml:MaterialsList = new MaterialsList();
  ml.addMaterial(new BitmapMaterial(frontBD), 'front');
  //  他の面も同様に設定
  var cube:Cube = new Cube(ml);
}

//テクスチャ情報を上書きする場合
frontBD.draw(bitmapAsset);

つづく。

Lightwave9.5にCollada書き出し

LW9.5にCollada書き出しが乗るらしいので、Papervision3D用にいじくってみる予定。

ここは備忘録。